巫氏春秋

アフロユーラシア史関係の雑記。 歴史と民族関係の書籍紹介。 井戸の中のカエル(巫俊の前世)の陳腐な日常の大冒険の言行録を一挙公開♪ 巫俊の総裁する雑篇「巫氏春秋」を照覧あれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五胡十六国は中国の再興

晋代の歴史に関わる五胡十六国の史的考察と、谷川道雄氏の「隋唐帝国形成史論」について。

ゲルマン民族とヨーロッパの中世史は複雑な絆で結ばれている一方、
五胡と呼ばれた諸民族と中国の中世史は、結局のところ

呉・南唐・呉越→□(北宋)→南宋→□(元の江南)→明の南京京師体制→□(明清北京時代)→(太平天国)中華民国→□(現代)
(□は江南政権でない時期)

という風に、
東晋以来の南朝の「民族」というか「南人」の政権と「南の漢族」が、
中国の中心のひとつとして存続しているばかりか、時代が経過すればするほど求心力を増していったことから、
(経済力として、政治力として、現在は上海が国際機関も置かれる窓口になっている。)

まるでビザンツ帝国と中国の江南は対照的なんですよ。

東欧ブロックの地域王権に成り下がった形で歴史に書かれるビザンツ(しかも現トルコ)と、
ゲルマンに出自を持ち、ローマカトリックを守護する王権としてのフランク王国(現フランスとドイツ)の関係。

これは北周と陳の関係にそっくりだといえます。
ひとつ決定的に違う点は、北周→隋→唐は中国を統一したのに対し、
ヨーロッパは統一されることはなかったばかりか、ビザンツはイスラム教国のオスマン朝に攻略されてしまうということ。


つまりですね、ヨーロッパは分裂状態のままで、ゲルマン人は一貫して王権を維持しているのですよ。
イギリス・フランス・ドイツ、すべてゲルマンの末裔です。
ゲルマン(西)のヨーロッパが肥大化して、ビザンツ(東)はついに回復されることがなかったのです。

西欧中心のヨーロッパ史からビザンツが排除されたのに対し、
江南と不可分に結びついた中国史が、近世と近現代というステージで成立・定着したことから、
五胡こそ中国の起源であり真髄であるというような「北族の起源神話」はついに中国に定着しなかったと言えるのです。

なおヨーロッパにおける遼・金・元征服王朝の類型としては、マジャール・ブルガール・モンゴルがそれに相当し、
ジェシェン人の清朝の類型としては、ロシア帝国がそれに相当するでしょうか。
日本の類型としてはスペインか、ユーゴスラヴィア諸国か、どこに類例を求めるといいか判断しかねますが、
朝鮮やベトナム・チベットといったものも、類型が求められるでしょう。

続きを読む »

スポンサーサイト

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

巫俊(ふしゅん)

Author:巫俊(ふしゅん)
研究対象:中国史(夏殷時代の地域史)
テーマ:神の王権の民族抗争とその生態

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。