巫氏春秋

アフロユーラシア史関係の雑記。 歴史と民族関係の書籍紹介。 井戸の中のカエル(巫俊の前世)の陳腐な日常の大冒険の言行録を一挙公開♪ 巫俊の総裁する雑篇「巫氏春秋」を照覧あれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『三国地誌』訳出wiki

http://www35.atwiki.jp/sangokuchishi/

更新再開予定。
やはり県外の人、史料に触れる機会のない人の為にupは必要と判断。
スポンサーサイト

nagaichiさんへの返事にかえて「南中の交通路と諸葛亮の南征について」

・漢字が正しく表示されていないようでしたら、お手数ですが連絡してくださいm(___)m修正します。

・ここで地図を見れます。
http://www.sinomaps.com/non-cgi/usr/39/39_86_11.jpg
(『中国歴史地図集』三国蜀益州南部)
http://www.kzeng.info/node/21
(『中国歴史地図集』各時代の地図へのリンク集)

越スイ郡→キョウ都県(金沙江に沿わない。金沙江とは山々を挟んでずっと奥で水系も違う。ここで書く県、邑の中では一番重慶から離れている)

越スイ郡→卑水県(金沙江に沿わない。金沙江とは山々を挟んで西に行ったところ)

馬湖(卑水県とホク道県の中間にある邑。地図集の三国蜀益州南部地図では金沙江からわずかに距離を置いた場所とし越スイ郡とする。『華陽國志』に名前が出てくる。)

新道県(『三国志』李厳伝に「新道県」とある。同じく地図によれば馬湖とホク道県の中間にある県で、越スイ郡とする。金沙江沿い。)

ケン為郡→ホク道県(金沙江に沿う。こちらの方が重慶などに近い。金沙江は長江に合流する)


情報ありがとうございます。
地図集をつき合わせると、思亮州は後漢の卑水県の近くにあったようですね。
『後漢書』地理志の卑水県の項の注に引かれる『華陽国志』には、「 水 通 馬 湖 . 」とあります。
調べてみると、馬湖は同じくホク道県の項の引く『華陽国志』に、「 治 馬 湖 江 會 , 水 通 越 スイ . 舊 本 有 ホク 人 .・・・」とありました。

卑水県は越スイ郡治のキョウ都県の東北にあり、更に東北の馬湖に水路で通じています。馬湖江會(馬湖と江會?馬湖の金沙江に会するところ?)は更に東北のホウ道県が治めているとされ、越スイ郡と水路で通じています。

『三国志』李厳伝には、 「又 越 スイ 夷 率 高 定 遣 軍 圍 新 道 縣 , 厳 馳 往 赴 救 , 賊 皆 破 走 .」とあり、 ホク道県と馬湖のあいだにある金沙江沿いの新道縣まで、越スイ夷の高定が侵攻してきたとします。ケン為太守李厳はケン為郡から新道縣に救援したと思われます。

『三国志』李恢伝には、「丞 相 亮 南 征 , 先 由 越 スイ , 而 恢 案 道 向 建 寧 .」とあり、諸葛亮は南征して最初に越スイより進軍したとします。


以上に述べたことを突合せると、諸葛亮は新道と呼ばれた新しい(?)交通路を使ってケン為郡から越スイ郡に入ったと考えることができ、唐代の思亮州はそれを傍証する立場にあります。ほかに奇抜な越スイへの進入路が仮定できない限り、思亮州の位置はかなり有望な交通路と目されますね。



附言すると、地図を見ていて気付くのですが、唐代に至っても金沙江の本流沿いにはそれほど多くの州、郡、県が形成されていないようです。
ホク道県のあたりを南限としてそれ以北の金沙江沿いには都邑が目立つのですが。
なんかこう、きっと金沙江は大河過ぎて渓谷が深く、道もしばしば絶えたりして、漢代以前の先住民の国家形成なんかもホク道県より南の金沙江沿いの地域は避けて形成されていたのかもしれない、なんて思っていますが、どうでしょうか。

先住民勢力キョウの支配していた越スイと、先住民勢力ホク人の支配していたケン為がこの地域の二大勢力であり、それを結ぶ先住民の為の小人数向けの交通路があったのではないかと思います。
秦、漢人が入植、支配を及ぼすにつれて、道路を拡張したり水路を整備したんだろうと。それがどれくらい困難なことなのか分かりませんが、災害の起こる度に交通路が断絶し、そしてまた復旧したり新道がつくられたりと根気よく開発が続いたんだと思います。

蜀から越スイへ行く他のルートについてはまだ何も調べてないんですけどね。

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

巫俊(ふしゅん)

Author:巫俊(ふしゅん)
研究対象:中国史(夏殷時代の地域史)
テーマ:神の王権の民族抗争とその生態

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。