巫氏春秋

アフロユーラシア史関係の雑記。 歴史と民族関係の書籍紹介。 井戸の中のカエル(巫俊の前世)の陳腐な日常の大冒険の言行録を一挙公開♪ 巫俊の総裁する雑篇「巫氏春秋」を照覧あれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尸解化石説

4. /新校本史記三家注/新校本史記/書/卷二十八 封禪書第六


(略 ...)


- 1369 -


[一 0]集 解 服 虔 曰 : 「 尸 解 也 . 」 張 晏 曰 : 「 人 老 而 解 去 , 故 骨 如 変 化 也 . 今 山 中 有 龍 骨 , 世 人 謂 之 龍 解 骨 化 去 也 . 」

化石っぽいですね。恐竜だろうと新生代の哺乳類であろうと、龍の骨だということになるでしょうが。
尸解は神仙の用語です。
スポンサーサイト

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

巫俊(ふしゅん)

Author:巫俊(ふしゅん)
研究対象:中国史(夏殷時代の地域史)
テーマ:神の王権の民族抗争とその生態

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。