巫氏春秋

アフロユーラシア史関係の雑記。 歴史と民族関係の書籍紹介。 井戸の中のカエル(巫俊の前世)の陳腐な日常の大冒険の言行録を一挙公開♪ 巫俊の総裁する雑篇「巫氏春秋」を照覧あれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感想「初めてのタクティクスオウガをしゃべりながらプレイ その24」



ニコニコ動画でクマさんがタクティクスオウガの「実況動画」をされている。
さっそく、感想を書いていこう。

Cルート2章のアルモリカ城城門前の戦い、及び城内の戦いがupされている。
冒頭から城門前の戦いに突入する。
簡単に編成を紹介。

それぞれLVは14。
前列左から、
アーチャー(アロセール)
ビーストテイマー(ニンジャで主に成長)
バーサーカー(主人公)
ヴァルキリー(STR、VITなどが高め)
ウィッチ(サラ、アーチャーで成長)

後列左から、
エクソシスト(プレザンス)
グリフォン
バルタン(カノープス)
セイレーン(クレリックからチェンジしてセイレーンで成長中)
クレリック(ウィッチからチェンジしてクレリックで成長中)


アルモリカの城門前というCルート2章末に出てくる特殊な戦場ゆえに、賞金稼ぎザパン(バーサーカー、LV16)の率いるナイト5体(LV14)とゴーレム二体(LV14)が密集陣形で襲ってくる。
Cルート最大の難所とされているマップだ。

プレイヤーのクマさんはFFT経験有りのタクティクスオウガ初心者で、攻略本などのデータ情報を見ないで手探りで進む、ちょっとドキドキのいわゆる実況プレイをされている。
その為、容赦なくゲームオーバーという展開もあり、またゲームオーバーした画面もすべて公開されている。


クマさんは非常に冴えたお方で、実況説明も上手く、興味をそそられる。
データ無しで進まれているので、しばしばゲームシステムを勘違いされているが、寧ろそれが普通の初心者というもの。
それゆえに見ている方は展開が心配でオロオロする(笑)
でもセンスが大変素晴らしく、ユニットの編成はかなり得意の様子。

具体的な感想はまた書きますね。
スポンサーサイト

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

巫俊(ふしゅん)

Author:巫俊(ふしゅん)
研究対象:中国史(夏殷時代の地域史)
テーマ:神の王権の民族抗争とその生態

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。