FC2ブログ

巫氏春秋

アフロユーラシア史関係の雑記。 歴史と民族関係の書籍紹介。 井戸の中のカエル(巫俊の前世)の陳腐な日常の大冒険の言行録を一挙公開♪ 巫俊の総裁する雑篇「巫氏春秋」を照覧あれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷惑の論理2

迷惑の論理とは、社会不信とストレスで胃を潰した巫俊が考え付いたものです。
こういうことは誰かが既に言っているとは思うんですけど、やっぱり胃を潰してみると、実感できるものです。
胃ってのはですね、ムカムカとくるとギギギギギギギギと痛くなりましてね、
それでいて春の桜の木のまえの老人のように心穏やかになりますと、痛かったのがウソのように、すっと痛みが消えていくんです。

そのとき気付きましたよ。
必要とあれば悪事の限りを尽くして生きることもできるけれど、自分の穏和な心にはそぐいません。
罪悪感がうず高く積もるような人生よりは、春の桜のような人生の方がいいに決まっています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://uruseiyatsura.blog62.fc2.com/tb.php/28-9000564a

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

巫俊(ふしゅん)

Author:巫俊(ふしゅん)
研究対象:中国史(夏殷時代の地域史)
テーマ:神の王権の民族抗争とその生態

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。