FC2ブログ

巫氏春秋

アフロユーラシア史関係の雑記。 歴史と民族関係の書籍紹介。 井戸の中のカエル(巫俊の前世)の陳腐な日常の大冒険の言行録を一挙公開♪ 巫俊の総裁する雑篇「巫氏春秋」を照覧あれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

http://mujin.parfait.ne.jp/mujins/sanguo/han.html#Sa-Ji1
(むじん書院『三国志人名事典 後漢書』左慈)

のちにある人が陽城山の頂で左慈に会ったというので、またも彼を追跡したが、(左慈は羊の姿に化けて)そのまま羊の群の中に紛れ込んだ。曹操は捕まえることができず、その羊の群に向かって「もう殺したりはしないよ。もともと君の術を試したかっただけなんだ」と言った。ふと、一頭の年老いた雄羊が前脚を曲げて二本足で立ち上がり、「どうして突然許す気になったのかね」と言った。(曹操の部下たちが)競うように飛びかかったが、群をなしていた数百頭の羊がみな雄羊に変わり、一斉に前脚を曲げて二本足で立ち上がり、「どうして突然許す気になったのかね」と言った。結局、どれを捕まえたらいいのか分からなかった。
―――
以上引用

「群をなしていた数百頭の羊がみな雄羊に変わり」という一節から、曹操の追いかけた羊の群れも大半は雌羊の群れだったことが分かる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://uruseiyatsura.blog62.fc2.com/tb.php/44-b1ae50f8

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

巫俊(ふしゅん)

Author:巫俊(ふしゅん)
研究対象:中国史(夏殷時代の地域史)
テーマ:神の王権の民族抗争とその生態

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。