FC2ブログ

巫氏春秋

アフロユーラシア史関係の雑記。 歴史と民族関係の書籍紹介。 井戸の中のカエル(巫俊の前世)の陳腐な日常の大冒険の言行録を一挙公開♪ 巫俊の総裁する雑篇「巫氏春秋」を照覧あれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書録

・『日本の時代史12』

戦国時代の地域国家を対象とする日本史の概説書です。
白い装丁が目印で日本史の概説書の最新シリーズ。
昨日は島津、大友、毛利のページを読みました。

・『鹿児島県都市地図』

どこに住んでいても手に入り、かつ市町村単位の広域なマップで薩摩国と大隈国の現在の姿を確認することができる。
地域史のイメージをつかむには欠かせない。

・『カンボジア史再考』

最新刊。
アンコール時代以降も衰えなかったカンボジア王朝の歴史を再考する。現地の写真や地図、年表が付属していて助かりました。
予算の関係かモノクロカラーであることが残念。
著者は日本の研究者でカンボジア語の文献を読む。

・『紫禁城の栄光』

講談社学術文庫の最新刊。
1968年の原本を文庫化したものですが、「明・清全史」という副題が付与されており、読んでいて最新の学説かと錯覚するくらいの先見性に内容は満ちている。
タイトルは「紫禁城の栄光」であるが、紫禁城の歴史を書いたものではないようです。

・『キャバクラ嬢が教えます エロかわ八方美人術』

最新刊。
むふふふふ、、、な内容と思いきや、歌舞伎町で生計を立てる女子の非常に冷徹な人間観察。
夜の世界で人生を挫折したようなどうしようもない客相手に立ち回れる経験があれば、昼の世界の対人関係は易しいという。
キャバクラに縁のないような人にお薦め。
『史記』で言えば、刺客列伝のようなものか。
刺客列伝に名を連ねるような国士であれば、ふつうの世の中で立ち回るのも容易という類。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://uruseiyatsura.blog62.fc2.com/tb.php/46-c6d3c96c

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

巫俊(ふしゅん)

Author:巫俊(ふしゅん)
研究対象:中国史(夏殷時代の地域史)
テーマ:神の王権の民族抗争とその生態

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。